MENU

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムを購入して完全公開します。

 

「緑内障は治らない」
「治せないから、進行を遅らせることしかできない」

 

そんな常識は、もう古いものなのかもしれません。
緑内障は「身体の中から」治せるんですね。

 

女性の眼

 

 

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムを購入してみました。

 

 

「緑内障5アプローチ 緑内障改善プログラム」は「ホリスティック理論」に基づいた緑内障改善法で、
「ホリスティック」の観点から導き出された具体的なノウハウをDVD映像でくわしく解説した教材です。

 

緑内障はこれまで、「完全に治すことは不可能」といわれてきました。

 

でも、その常識は、あくまで西洋医学に基づいた眼科医療の見解であって
東洋医学の思想から発展した「ホリスティック」理論では、
全く違った結論が導き出されているというのです。

 

つまり「緑内障は今や改善できる病気」だというんですね。

 

緑内障は今や改善できる

 

「東洋医学」というと、少し前までは「民間療法」「代替医療」といったイメージが強くて、
どちらかというと「西洋医学(先進医療)」の格下とか、補助的な意味合いでとらえられていた気がします。

 

でも、最近は「高血圧」「糖尿病」「肥満」といった生活習慣病や「がん」の治療、
また、「うつ病」や「自律神経失調症」などの精神疾患の治療の現場でも
東洋医学的な考え方が積極的に取り入れられて、
むしろ、こうした「心身のバランス」という観点では、東洋医学が西洋医学を大きくリードするという点も多いようです。

 

熱があれば、熱を下げるために解熱剤を使う・・・それが西洋医学。
そして、熱があれば、その熱の根本的な原因を探し出す・・・それが東洋医学です。

 

よくいわれる例えに、火災報知機が鳴っている時に
報知機のスイッチを切って音を消してしまうのが西洋医学で、
報知機が鳴っている原因の火元を消しに行くのが東洋医学だといいます。

 

火元がボーボー燃えているのに、報知機のサイレンだけ切って
燃え広がる火災をなかったことにしてしまうなんて、ありえない話ですものね。

 

では、「緑内障5アプローチ 緑内障改善プログラム」は
なぜ西洋医学ではなく東洋医学で緑内障を治そうとするのか。
しかも、なぜ「ホリスティック」という耳慣れない分野で取り組んでいくのでしょうか・・・

 

DVDの冒頭の部分からその理由をまとめていきたいと思います。

 

ホリスティックってなんでしょうか?

 

ホリスティック理論

「ホリスティック」の語源はギリシャ語のholos≠ナす。

 

ホリスティックは「全体」「関連」「つながり」「バランス」といった意味を
すべて含んだ言葉として使われているんです。

 

「ホリスティック」という言葉自体は日本人にとって耳慣れないものですが、
その考え方自体は、決して新しいものではないんですね。
特に私たちとっては身近な存在である「東洋医学(漢方)」の考え方に近い、
いわゆる「古くて新しい学問」だといってよさそうです。

 

ホリスティックは、身体の機能そのものだけでなく、
精神状態も含めて健康状態を考える医学です。

 

たとえば、西洋医学では
「血液や尿、細胞組織の検査結果が正常値の範囲内であれば問題なし」という考え方をします。

 

でも、実際にはそれだけでは解決できない症状というのはいくらでもありますよね?
よく、「体調が悪いから病院にいったけど、異常なしといわれてしまった」という話を聞きますし。

 

平熱だけど、熱っぽくて身体がだるい
骨や筋肉に異常はないのに、関節が痛い
原因不明の頭痛が続いている

 

こういった、「原因がよく分からないけれど調子が悪い」
というような症状は、西洋医学のデータ上では「健康」と判断されるものも多いんですね。

 

どんなにレントゲンを撮っても、精神状態や自律神経の状態までは映りませんから
データで計測できない以上は、現代医学では「異常なし」もしくは
「治療できない病気」という扱いにされてしまうのです。

 

笑顔

ホリスティックの最終的な理想は、薬や手術に頼らずに病気を治すこと。
つまり、自らの自然治癒力によって体調を本来の姿に導くことなんです。

 

人間は、多少のケガや病気なら、
生まれつき持っている自然治癒力で修復することができます。
しかも、自分の力で治すのですから副作用や合併症などの危険も
絶対にありません。

 

もっと言えば…治療費もかかりませんよね(笑)

 

ただし……薬や手術のように即効性はありません。

 

また、普段から心身ともに健康な状態を保っておく必要がありますから、
その健康状態を保っておけるようにすることこそがホリスティックの真髄でもあるわけです。

 

「緑内障5アプローチ 緑内障改善プログラム」はこのホリスティック理論に基づいて、
身体の中から「自分で治そうとするチカラ」を高めて
緑内障を根本から改善していくためにプログラムされています。

 

 

 

このサイトだけの特別なプレゼントあります。

 

★ 特典のお知らせはページの最後にあります ★

 

 

あとでこのページをゆっくりご覧になる方は、このサイトを「お気に入り登録」しておくと便利です。

 

 

 

プログラムの詳細をすぐに確認したい方は⇒ 
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

 

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムってどんな教材?

 

教材画像

 

【教材の概要】

 

■DVD 1枚(約60分) 解説マニュアル120ページ

 

■ノウハウ提供者 前田和久(視力向上員会) 
株式会社アイリス代表取締役

 

 

■メインテーマ

 

「緑内障は身体の中から改善する」

緑内障の根本的な改善に必要なことは
● 点眼薬を使わなくても眼圧を安定させること
● 眼圧以外の原因にも対処できること

 

一般的に緑内障は、眼圧が上がることで視神経に傷がつき、
視野が欠けてしまうことが原因だとされています。

 

でも、東洋医学・ホリスティック理論では「眼圧」だけが原因ではなく、
それ以外にも「血流の滞り」「自律神経の乱れ」が2大原因だと考えられています。

 

緑内障5アプローチ 緑内障改善プログラムでは
眼圧を下げることはもちろん、眼圧以外の2大原因
●滞った血の流れ
●自律神経の乱れ
にホリスティック理論でアプローチし、根本的な緑内障の改善と二度と再発しないための身体作りを目指していきます。

 

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

緑内障,5アプローチ,前田和久,口コミ,評判,方法,効果

 

 

 

 

 

● 原因は「血行障害」にあった?

 

血行障害とは、文字通り、血液の流れに何らかのトラブルが発生している状態のことです。

 

血液が汚れて流れが悪くなってしまっていたり、
血管の壁がカチカチに硬くなって血液が流れにくくなっていたり・・・

 

血液の流れが゛スムーズに行かないと、
血液に酸素や栄養素を運んでもらっている臓器や細胞、神経もなんらかのダメージを受けます。

 

「眼圧は正常なのに緑内障の症状が出ている」という「正常眼圧緑内障」は、
この血行障害が原因であると考えられます。

 

正常眼圧緑内障

目は、末梢神経と毛細血管がぎっしり密集した場所です。
ですから、血の流れが悪いと栄養や酸素が行き渡らず、
老廃物もどんどん溜まってしまいます。

 

老化を進める活性酸素も発生してしまうので、
目の細胞の老化を早めることにもなります。

 

でも、この血行障害は「目の周り」だけをマッサージしたり温めたりしても、
どうにかなるというものでもないようです。

 

必要なことは「全身の血行を改善する」ことなんですね。

 

 

●自律神経のバランスを整えて自然治癒力を高める

 

実は。緑内障と心身の疲労は深く関係しているんです。

 

慢性的な疲労がたまっていたり、ストレスを受けた状態が続くと、
「休んでも休めない」身体になっているしまうことってありますよね。

 

・いつも疲れている
・慢性的に身体がだるい
・眠りが浅くて熟睡できない
・長時間寝たはずなの、まだ眠たい

 

こんな症状を感じているなら「自律神経のトラブル」を疑った方が良さそうです。

 

自律神経のトラブル

 

ストレス状態が続いたり、疲労が溜まりすぎたりすると
自律神経失調症とはいかないまでも、交感神経が常に活発な状態になり、
疲れのとれにくい身体になってしまいます。
(交感神経は、心身の「アクセル」で心身を緊張状態にします。)

 

しっかり心身を休めて、疲れをとり、
緑内障を改善できる自然治癒力を発揮するためには、
心身をリラックスさせるブレーキ役、副交感神経を優位にする必要があります。

 

とくに、緑内障が発症しやすい年代である40代〜50代は
働き盛りの年代でもあり、ストレスや疲れのピークの年代でもあります。
主婦の方たちも子育てなどを通じて疲労が蓄積しているでしょうし、
更年期を控えて精神と身体のバランスを崩しやすいタイミングでもあるはずです。

 

緑内障改善のためにも自律神経のバランスを整えて、
しっかりと自然治癒力を発揮できる身体を手に入れる必要があるんですね。

 

 

 

こうして考えてみると、緑内障を改善するために
●滞った血の流れ
●自律神経の乱れ
にホリスティック理論でアプローチする必要が少し理解できた気がします。

 

・眼圧を下げる点眼薬が一生必要な生活。
・失明を恐れながらの生活。(緑内障は失明原因の第1位です)
そんな不安な毎日からは出来るだけ早く解放されたいですよね。

 

緑内障改善プログラム

『緑内障5アプローチ 自宅で出来る! 緑内障改善プログラム』は、
ホリスティックの理論に基づいて、
具体的に、効果的に緑内障改善を行なう方法を解説しています。

 

緑内障の主な原因である眼圧を下げる効果だけでなく、

 

・血流の改善
・自律神経の乱れの改善
・緑内障を改善する栄養バランス
・自己治癒力の強化

 

なども詳しく説明し、具体的な改善方法が提示されています。

 

「プログラム」といっても難しい方法や
時間、お金の掛かるものではありませんし、
特別な苦労や努力を必要とするような内容でもありません。

 

DVDの動画を見ながら、道具もほとんど使わず一日5分程度で行うことが出来るものです。
自宅で出来るのはもちろん、通勤の合間や仕事の休憩時間などスキマの時間を使ってできるものもあります。

 

120ページの解説マニュアルもついていますから
ホリスティック理論をしっかり理解しながらプログラムに取り組んでいけると感じました。

 

 

★そのほか、付属している特典

 

●特別特典1:『緑内障徹底解明Q&A』
緑内障ってどんな病気?
今さら聞けない、でも知っておきたい緑内障のさまざまな疑問に答えてくれます。

 

●特別特典2:『緑内障改善のための東洋医学入門』
緑内障だけでなく、視力回復、眼精疲労やドライアイの改善にも役立つ
東洋医学の基礎知識が解説されています。

 

●特別特典3:『「陽」の食事で血流改善』
日本人の50%がドロドロ血液だといいます。
ドロドロ血液は緑内障の大きな原因になるばかりか改善の大きな障害にもなります。
このテキストで目の健康、体の健康、アンチエイジングにも役立つ陽の食事の基礎が分かります。

 

●プレミアム限定特典:『自宅でできる!緑内障改善プログラム解説マニュアル』
プログラムをさらに深く理解できるように
DVDで語られていない詳細な解説が収録されています。

 

プログラムの詳細は⇒ 緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムの口コミと評判

 

実際に「緑内障改善プログラム」を試された方たちの口コミ・評判をネット上から集めてみました。

 

長野県 30代(男性)

 

仕事柄、目を酷使していたことも原因としてあると思います。毎日パソコン作業で目を使い過ぎていたせいか、視野がどんどん狭くなってきてしまいました。
慌てて眼科に行ったものの、このまま放置しておくと緑内障になる危険性があるといわれて、まさかこの歳でそんなことになるとは本当にショックでした。
ネットで自分なりに調べたところ、手術をしても治らないケースも多いと知ってからは精神的にも辛くなってきてしまいました。そんなときに緑内障改善プログラムを見つけて購入することにしたのです。毎日DVDを見ながら簡単なトレーニングをするだけで、視界も徐々に改善され、少し前よりもかなり見えるようになったてきて、これにはびっくりしています。

 

京都府 50代(女性)

 

正直なところ、半信半疑のダメもとの思いでしたが、手術に踏み切るくらいならその前に何かできることはないかと考えこのDVDを購入することにしました。購入してからすぐにトレーニングを始めたのですが、今ではほとんど苦にならないところまで自然に治ってしまいました。あんなに簡単なトレーニングと生活習慣だけで治せるなんて意外でした。どうしてお医者さんでは教えてくれないのでしょうか。

 

千葉県 50代(男性)

 

ほとんど前兆らしきものも自覚もなかったですが、突然、仕事中に目の端の黒いモヤようなものが気になるようになり、どちらを向いても目の前に黒いレースのカーテンが掛かっているような違和感を感じるようになりました。自分なりにいろいろ調べて、緑内障だと気が付くまで数日かかりました。手術だけは絶対に避けたかったので「緑内障5アプローチ」を購入ましたが、体の中から緑内障を改善するという考え方はとても納得できるものでしたし、とても簡単なことなので無理なく毎日続けられました。現在は目の端に黒い違和感もほとんど感じることがなくなりました。

当サイト限定特典付きのお申し込みは…

 

このページ経由で【緑内障改善プログラム】をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特別プレゼントを確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

緑内障を改善する

 

 
このページの先頭へ