MENU

緑内障が「治らない病気」と言われている理由

 

なぜ「緑内障は治らない」と言われているのでしょうか。

 

緑内障は治らないから、うまく付き合いながら進行を少しでも遅らせていきましょう・・・
お医者さんにはそう言われてしまうのですが、本当にそうなのでしょうか?

 

点眼薬

 

 

● 西洋医学での緑内障治療について ●

 

西洋医学の病気に対する考え方は、主に「対症療法」といわれるものです。

 

これは、熱、痛み、出血などの症状を発見したら、
その症状を抑える為に薬を使ったり、手術で症状を取り去るという考え方です。

 

その時、もし副作用などが起きれば、さらに別の薬を使ってその症状を抑えこむことになります。

 

たとえば、解熱剤を処方されて、
「この薬は胃を荒らすので、コチラも飲んでくださいね」と胃薬などを処方された経験のある方も多いと思います。
これがまさにそのケースに当たります。

 

緑内障でも同様で、西洋医学のスタンスでは、
緑内障の治療については、なによりも眼圧を下げることが優先されます。
確かに「眼圧」は、緑内障の原因のひとつですが、「眼圧」だけが原因ではありません。

 

 

● 緑内障の根治が不可能といわれる意外な理由 ●

 

点眼薬

 

「緑内障を完全に治すことはできません」
「一生、点眼薬を使い続けていく必要がありますね」

 

眼科でそう告げられた方も多いと思います。

 

残念ながら、現在の眼科医の見解としては、
「緑内障は治せない」「症状の進行を遅らせることが精一杯」というのが一般的です。

 

でも、それは本当に正しいのでしょうか?

 

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」は、
「緑内障を治すのは不可能」といわれている理由を
西洋医学の「対症療法」に限界があるからではないかと考えています。

 

くり返しになりますが、現在の眼科の治療では、
緑内障は眼圧を下げることだけに重点が置かれています。

 

点眼薬を処方し、それが効かなければ点眼薬の量と種類を増やす。
それでもダメな場合は、手術を検討する……

 

でも、そもそもあなたの緑内障の原因が「眼圧」ではなかったとしたらどうでしょう?
むしろ、緑内障の方の60〜80%は眼圧が正常なのに
症状が出てしまっているのですから。

 

 

緑内障改善プログラム

『緑内障5アプローチ自宅で出来る! 緑内障改善プログラム』

 

この教材は、DVDを見ながら、
実践的に緑内障改善を行なえるプログラムです。
ほとんどが、道具も何も使わず、自宅で一日数分で実践出来るものです。

 

緑内障の大きな原因である眼圧を下げる効果はもちろん、
血流の改善
自律神経の改善
栄養バランス
自己治癒力の強化
なども詳しく説明し、具体的な改善策も示してくれています。

 

プログラムの詳細は⇒ 緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

 

 

このページ経由で【緑内障改善プログラム】をお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特別プレゼントを確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

緑内障を改善する

 

 
このページの先頭へ